ホーム > こどもが着る > ボタンを付けるだけで、かわいいヘアゴム!

ボタンを付けるだけで、かわいいヘアゴム!

つけまさんの体験をもとにした記事です。

かわいいヘアゴムをすごく簡単に作る方法をご紹介。

道具も技術も必要なく、かわいいヘアゴムを手作りする方法をご紹介します。

髪をさわるのが好きなかたにピッタリ

わたしは髪の毛をいじるのがすごく好きです。
うちには女の子がいて、こどもの髪の毛をさわるのも好きなので、よく編み込みとかをしています。

ヘアゴムもかわいいものが欲しいのですが
「全て買っていてはもったいない!値段も高い!」と思ってしまいます。
そこで「なら、つくろう!」と考え、ヘアゴムにひと工夫しています。
ひと工夫と言ってもミシンや糸は使わず、簡単に作れます。


 

親の服のボタンを使ってレトロかわいいヘアゴム


レトロなボタンを付けたヘアゴムを作りました。
ポニーテールするときにしばるだけで意外とかわいいんです!

実はこれ、実家に帰ったときに、親の服からもらったボタンです。
もう着ない服ってやっぱり大量にあったりするので、ボタンだけ再利用しました。

作り方は簡単で、ボタンにゴムを通してしばるだけです。
台がついているボタンなら、これだけで作れます。
針も糸もいりません。

使えそうなボタンは集めておく

ボタンって買うと本当に高いんですよ。
「わー、かわいいー!」
と思っても、安くても300円とかして。

  • 「えー、ボタンだけにここまでお金かけられないわー。」
  • 「なら、既製品を買ったほうが安い? うーん、どっち~?」

なんて思うこともあって。
だから、使えそうなボタンは集めて、コーヒーの空きびんとかに貯めてます。

使わない布で「くるみボタン」を作る


ヘアゴムと言えば、くるみボタンもかわいくて好きです。
くるみボタンは、金属のボタンを布や革でくるんだボタンです。
くるみボタンを作るキットが100円ショップで売っているので、それを使うと簡単に作ることができます。

新しく布を買うのはもったいないので、余った布や、いらない布を使っています。
ひと工夫して、くるみボタンにパールを付けるのも好きです。
パールは「グルーガン(ホットボンド)」というボンドで付けるとやりやすいです。


あと、革で作ったリボンも付けてみました。
こんなふうに「もう一手間」で、ちょっといい感じになります。
ネットで「くるみボタン 作り方」と検索すると色々でてきて参考になりますよ。


 

やる前はめんどくさいけど、やってみれば満足!

「ヘアゴムをかわいくしたい!しかも、安く!」
というのはわたしの自己満足なのですが、家にあるもので
かわいいものが作れたらいいかなと思ってます。

こういうのって最初の出だしはめんどくさい感じがします。
でも、やってみると簡単だし、けっこう「かわいい!」って思えるものができるので良いですよ。


「ボタンを付けるだけで、かわいいヘアゴム!」は…

ボタンをクリックすると、翌日のランキングに反映されます。

Thank you!
あなたのクリックは、明日以降のランキングに反映されます!

あなたは、すでにボタンをクリックしています。

「こどもが着る」の一覧に戻る

他のジャンルでエコ行動をみつける

  • こどもと食べる
  • こどもと遊ぶ
  • こどもと住む
  • こどもと移動する
  • タグから探す

エコフルタウン 私たちのごみのゆくえ 豊田市環境学習施設エコット 豊田市自然観察の森 エコファミリー宣言のお申し込み(豊田市) PIN!とくるまち とよた