ホーム > こどもが着る > ブラウスやGパンも変身!

ブラウスやGパンも変身!

レイさんの体験をもとにした記事です。

ブラウスが買い物袋になります


汚れたり傷んでしまったおさがりのブラウスを買い物袋にしてみました。

  • 1.袖ぐり(袖の付け根)を切って、端をバイアステープなどで処理する(写真は肩の部分から2,3センチ布を残して切り、それをバイアスがわりに使用)。
  • 2.前身ごろ(前の部分)のボタンをはずす。
  • 3.そのままだとボタンの穴が見えるので、打ち合わせを逆にして(ボタンが縫い付けられていた方の布を上に出して)、ボタンの穴を隠して縫う。
  • 3.襟部分を、前も後ろも深く切る。袖の付け根に近いぐらいの深さがよい。
  • 4.裏返して、裾を、2枚重ねたまま、折り返す。
  • 5.裾の右端、左端を5センチずつ内側に折り込んで、そのままの状態で、裾を縫うと、レジ袋の形になる。

縫う部分が少ない方が簡単なので
できるだけ元の形を残したまま作るのがオススメです。
上の例でも、ノースリーブのものを使えば、袖の部分の処理はいらなくなりますよね。
襟の部分も、前の部分はそのまま使えるものがありますね。

Gパンもバッグに変身!


古着のGパンの腰の部分も、バッグにしてみました。



  • 1.Gパンを腰の部分で切る
  • 2.ファスナーの両側にリボンをつけてから、ズボンにつける。(口の幅を広げるための工夫)(図)。


ベルトは百円均一のお店で買ったひもです。

実はちゃんと裏地もつけています。


  • 1.ブラウスの、ポケットがついている部分を活用してGパンの大きさに合わせた袋を作る。
  • 2.その袋をバッグの内側に縫い付けて、内ポケットにする。

写真は裏返したときのものです。



今はこんなに楽しんでいるお裁縫ですが、
実は家庭科、好きじゃなかったんです。
みんなと同じものを作りなさいって言われるのが嫌でした。
でも今は、ほしい物を、自分の好みの柄やサイズ・色で自由に作ることができるから
とっても楽しいんです。


リメイクにいそしむわたしを見て家族は…


リメイクにいそしむわたしを見て、
夫がミシン用の台車を作ってくれました。
ミシンを置いて、使いたい時にすっと動かせるように。

娘は今、30代ですが、わたしよりも上手にリメイクします。
もちろん布地から作るのも上手です。

実は娘はこどもの頃、わたしが作ってあげた服を嫌がっていたんです(笑)。
ちょっとがっかりでしたが、それも仕方ないなあと思っていました。

お気に入りのキャラクターのものをつくってあげようと思っても、
市販のものはちょうどいい位置に模様がきてかっこいいけれど、
生地から買って作ろうとすると
柄がまんべんなく散らばっているような総柄のものが多いですし…。

でも、わたしが好きなものを好きなように作っているのを見て育って
楽しさが自然と伝わったのでしょうか。
今では、わたしが舞台で着る衣装まで、
サイズ合わせを何回もしながら
作ってくれているんですよ。
とても素敵なものをね。


「ブラウスやGパンも変身!」は…

ボタンをクリックすると、翌日のランキングに反映されます。

Thank you!
あなたのクリックは、明日以降のランキングに反映されます!

あなたは、すでにボタンをクリックしています。

「こどもが着る」の一覧に戻る

他のジャンルでエコ行動をみつける

  • こどもと食べる
  • こどもと遊ぶ
  • こどもと住む
  • こどもと移動する
  • タグから探す

エコフルタウン 私たちのごみのゆくえ 豊田市環境学習施設エコット 豊田市自然観察の森 エコファミリー宣言のお申し込み(豊田市) PIN!とくるまち とよた