ホーム > こどもが着る > おはし袋を手作りしてみよう!

タグ
  • 253

おはし袋を手作りしてみよう!

あずきちゃんの体験をもとにした記事です。

おはし袋を作ってみましょう!


こどもが学校で使うようになる「おはし袋」作りを通して、お裁縫の基礎を
思い出してみましょう。

おはし袋を作ろうという講座で、話題になったのが箸袋の大きさ。
学校によって、サイズが少し違うようです。

おはし袋を市販品で用意するのも良いのですが、自分で作れると
ピッタリサイズで作れるので良いですよ!


 

とにかく、作ってしまいましょう!



おはし袋は、学校からサイズだけ教えてもらうそうです。
(学校と年代によっては違うかもしれません。)
ミシンの使い方や、布の基本的な知識はあるもののとして
「さぁ、作ってください!」
という感じなので、お裁縫が苦手なかたは、「そんなの無理~」と壁を感じるかもしれません。

ですが、「とりあえず作ってみる」のもアリだと思います。
紐を付けるところが少し大変かもしれませんが、
ミシンがなくても、やってやれないことはないと思います。

指定サイズに加えて、縫い代(布と布を縫い合わせる分)を余分に1cmほど設けて
つなぎ合わせていけば、とりあえずできます。
細かいことは抜きにして、とりあえず作ってしまいます。
最初は、見栄えは気にしてはいけません。


意外と知らない?縫い代をきちんとするロックミシン。


ここからは、ミシンを使える人にとっては当たり前かもしれませんが、少し細かいコツを書いていきます。

最近、こんなことを思うことが多くなりました。
「意外と縫い代の始末をしないで作るかたが増えているのかな〜。」
縫い代を切ったままにしておくと、糸がほつれてしまいます。
おはし袋とは言え、よくお洗濯するし丈夫で長く使えるほうが良いでしょう。

実は、こどもの頃に家庭科の授業で習っていんですよ。

  • ロックミシン
  • ジグザグ縫い(ミシンのジグザグ機能)

などで始末するのがお裁縫の基本です。

「なにそれ?」という方もご安心ください。
今は便利な時代なので、インターネットで「縫い代 始末」と検索すれば
やり方まで詳しく知ることができます。
中には動画で説明してくれるものもあります。
もちろん、本でも良いですね!


覚えていますか?「布目」の話。


もう1つの基本は「布目」です。
これも、家庭科で習うのですが、布には織り目があります。
「縦は伸びなくて、横が伸びる」というような目です。
横に伸びるということは、お洗濯すると横が縮むということです。

布目を考えずにおはし袋を作ると、何度かお洗濯をするうちに
おはしが出てきてしまうかも
しれません。

ちょっとした袋ではありますが、布目を意識して作ってみましょう!


 

袋を手作りできると便利!


お裁縫はやってみると楽しいです。
ミシンが使えるようになると、こどもが使う色々な素材をリメイクして
クッションやバッグが作れるようにもなりますよ!
その第一歩として、おはし袋は手作りしてみてはいかがでしょうか?

エコットの手芸教室なら「全くミシン使えません」というかたでも
参加できますので、そういった教室に参加してみるのも良いかもしれませんね。

これはわたしが手芸教室で使う「おはし袋の作り方」の紙です。



詳しい作り方はインターネットで検索した方が良いと思いますが
良かったら参考にしてみてください。


「おはし袋を手作りしてみよう!」は…

ボタンをクリックすると、翌日のランキングに反映されます。

Thank you!
あなたのクリックは、明日以降のランキングに反映されます!

あなたは、すでにボタンをクリックしています。

「こどもが着る」の一覧に戻る

他のジャンルでエコ行動をみつける

  • こどもと食べる
  • こどもと遊ぶ
  • こどもと住む
  • こどもと移動する
  • タグから探す

エコフルタウン 私たちのごみのゆくえ 豊田市環境学習施設エコット 豊田市自然観察の森 エコファミリー宣言のお申し込み(豊田市) PIN!とくるまち とよた