ホーム > こどもと遊ぶ > 近くの公園へ出かけてみよう

近くの公園へ出かけてみよう

さっちゃんの体験をもとにした記事です。

リュックを背負って公園へ


最近、公園へ行ったのは、下のこどもと一緒にポストへ葉書を出しに行ったついでのとき。
わたしは、いつもリュックを背負って出かけるんですよ。
リュックは、手が空くからこどもを抱っこできるでしょう。
それを見て、こどもも真似してリュックを背負って一緒に歩きたがるようになりました。
こどものリュックには、着替えとおむつが入っているんですよ。


落ち葉が楽しめる秋の公園


公園に着くと桜の木が紅葉していて、落ち葉がたくさん。
こどもは葉っぱを踏みつけて遊んでいました。
ガシャガシャと踏む音が面白いみたい

そのうち、親子で葉っぱをかけ合ったり、
「やったな~」って、
葉っぱを投げて追いかけっこになりしました。
こどもは楽しくて「キャーキャー」って。
こんなことなかなかできない。
だから、ストレス発散みたいでとても楽しかったです。

きれいだなと思った葉っぱを
こどもと一緒に拾ってお土産にしました。


夏の公園は砂場遊びが楽しい


夏は砂場遊びをよくやります。
上のこどもは小学生で、力もある。
だから、しっかりとしたスチール製のスコップを使って遊んでいます。

無心で穴をひたすら掘り、
その中に葉っぱを入れ落とし穴に。
兄弟でわざとはまって遊んでました。

山やトンネル、お城なども作りましたね。
お城を作っている時は本格的。
まず、砂山を作り、側面に石をはめ込んで石垣に。
上に棒を刺していました。
石垣の周りにお堀を作って水を入れていました。
完成したら忍者になったつもりで「シャキーン」とポーズをとり、
お城を守って遊んでいましたよ。

下のこどもは、わたしが砂を型抜きしたり、
お団子にしたものをつぶして満足げ。
型抜きは、プリンや卵豆腐のカップ。
つぶされても「まっ、いいか」って。
下のこどもにはまだ作るのは難しいですしね。


外で遊ぶとよく眠り、よく食べます


初めてのこどもの時は、育児大百科を参考に育て方を考えていました。
そこには「外で遊ばなきゃ昼寝をしない」と。
それがきっかけで、お散歩や外遊びをするようになりました。
午前中に2時間外遊び、午後は買い物がてら外出することに。
すると、昼寝も夜もしっかり眠ってくれたんですよ
こどもがしっかり寝てくれると、自分の時間が出来て助かりました。

下のこどもが1歳の時には、夜泣きで困っていたの。
そんな時、ママ友から
「砂や土をかまうと夜泣きをしないみたいよ」と聞きました。
そこで、砂場でよく遊ぶようにしてみました。
そのせいか、よく眠るようになりましたよ。

外で遊ぶと、お腹も空くからごはんもおいしく感じるみたい
好き嫌いなく、よく食べてくれるとうれしいですよね。


「近くの公園へ出かけてみよう」は…

ボタンをクリックすると、翌日のランキングに反映されます。

Thank you!
あなたのクリックは、明日以降のランキングに反映されます!

あなたは、すでにボタンをクリックしています。

「こどもと遊ぶ」の一覧に戻る


みなさまからのコメント

ぴいさん
コメントありがとうございます。
写真の公園は、上野町にある藤塚公園です。
地域の情報は、交流館に相談してみてはどうでしょうか。
(hibico運営事務局さんからのご感想)



砂場遊びをしている写真は、どこの公園ですか?
近くに公園がぜんぜんないので、出来れば砂場遊びの出来る公園を探しています。
よかったら教えて下さい。お願いします。
(ぴいさんからのご感想)




他のジャンルでエコ行動をみつける

  • こどもと食べる
  • こどもが着る
  • こどもと住む
  • こどもと移動する
  • タグから探す

エコフルタウン 私たちのごみのゆくえ 豊田市環境学習施設エコット 豊田市自然観察の森 エコファミリー宣言のお申し込み(豊田市) PIN!とくるまち とよた