ホーム > こどもと移動する > すぐできる!エンジン切って6,600円節約

すぐできる!エンジン切って6,600円節約

こーこさんの体験をもとにした記事です。

誰でもできる! 年間6,600円節約する運転のコツ

もしもガソリン代を年間で6,600円節約できたら、良いと思いませんか?
今回は、すぐにできる車の運転のエコな工夫をご紹介します。
「エコドライブ」と呼ばれていることですが、わたし自身は大げさなことは思っていません。
最初は、車の燃費を良くしたいだけでした(笑)


 

意識して、人を待つ時間はエンジンを切る


節約方法はズバリ、
「人を待っている時間にはエンジンを切ること」です!
わたしは、車で誰かを迎えに行ったときにやっています。

「たったそれだけ〜!」と、肩すかしになったらすみませんね。
でも、わたしの場合は、頭では分かっていながらも、何とな〜くエンジンをかけっぱなしで
人を待っている事もありました。
なので、意識するようになってから「はっ!エンジン止めよう!」と気づけるようになりましたよ。

エンジンかけっぱなしになりがちな時がチャンス

他にも、こんなときがエンジンを切って燃費を良くするチャンスです。

  • ごみ捨てのとき(ごみステーションへのごみ出しのとき)
  • 荷物の積みおろし
  • 道ばたでジュースを買うとき

などです。
車を5秒以上停める時は、エンジンを切ったほうが燃費が良くなると聞いたので
それをひとつの目安にしています。

路上でのアイドリングストップはできなかったけれど

こんなふうに、停車中にエンジンを止めることを「アイドリングストップ」と言います。
アイドリングストップといえば、交差点などで信号が赤のときにエンジンを止めるイメージが
強くありました。

それで、わたしも実践してみたのですが、すごく緊張したんです。
「交差点だし、操作ミスしたらこわいな。」と思って、路上でエンジンを止めるときは
常に気を張っていて慣れませんでした。

でも、最初にご紹介したような「簡単にできるアイドリングストップ」もあると気づき、
安全なところではエンジンを止めるようになりましたね。

エアコンを使いたい時は、ちょっとだけ工夫

待ち時間にエンジンを切りたいけどエアコンは使いたい時って、ありますよね。
冬だったら、5〜10分待ってる間に寒くなってしまいますし。
そこで、わたしは車の中にブランケットを置きました。
ちょっとくらいの寒さなら、このブランケットでしのいでいます。

わたしには、20代の娘がいます。
わたしに影響されたのか、娘も車にブランケットを置いてますね。
この前、鞍ヶ池で停車してるときに使ったと言ってました(笑)

初夏は、うちわがあれば少しくらいの暑さはしのげるかもしれませんね。


 

節約額は目安としてごらんください

ちなみに「年間6,600円節約」というのは、車にもよりますが1日に10分の
アイドリングストップを続けた場合の節約額です。
金額は、省エネルギーセンターの発行したデータです。


「すぐできる!エンジン切って6,600円節約」は…

ボタンをクリックすると、翌日のランキングに反映されます。

Thank you!
あなたのクリックは、明日以降のランキングに反映されます!

あなたは、すでにボタンをクリックしています。

「こどもと移動する」の一覧に戻る

他のジャンルでエコ行動をみつける

  • こどもと食べる
  • こどもが着る
  • こどもと遊ぶ
  • こどもと住む
  • タグから探す

エコフルタウン 私たちのごみのゆくえ 豊田市環境学習施設エコット 豊田市自然観察の森 エコファミリー宣言のお申し込み(豊田市) PIN!とくるまち とよた