ホーム > こどもと移動する > その土地ならでは、を楽しもう!

その土地ならでは、を楽しもう!

かなるさんの体験をもとにした記事です。

サービスエリアでリフレッシュ!


夫は燃費をよくすることを心がけていて
燃費はどうだったかを毎回計算します


  • ①ガソリンを満タンにして、走行距離カウンター(3パターンくらいあるので、そのうちひとつ)を0(ゼロ)にする。
  • ②次にガソリンを満タンにしたとき、購入した燃料の量(=使用した燃料の量)で走行距離を割る。

高速道路では、80km/hで走るのが一番いいとか。

そんなエコドライブとともに、大事なのは安全!
しっかり休憩するために、
サービスエリアをチェックします。


その土地のものをいただく経験も大事だと思うから、
ご当地グルメありの場所は高ポイント。
景色がきれいなところもリラックスできるからいいですよね。
湖があるところはオススメ!必ず行きます。
アスレチックがあるところでは体を動かしてリフレッシュ!

「あれ?こどもがいない?」と思うと、
お土産コーナーで発見!ってことがよくあります。
こどもは、旅行前からお土産を買って帰るお友達をリストアップして、渡すのを楽しみにしているんです。


気楽に「ハロー!」、会話も思い出に


子連れで旅行をしていると、
周りの方の優しい思いやりにふれたり、
旅人同士、会話が生まれやすいですよね


ユースホステルに泊ったとき、
交流スペースでこどもが外国の方に「ハロー!」って
声をかけたんです。
その後は続かないんですけどね(笑)。
そうすると相手の方が日本語で話しかけてくれて。

こういうふれあいも旅行の醍醐味ですね。


実際に足を運んで「わあ!」の感動経験を


スキーへ行ったときのこと。
初めてリフトに乗って一足先に上に上がったこどもが、夫の携帯を使ってわたしに電話してきました。

「おかあさんに(景色を)見せてあげたいから、早く来て!」って。

一面の銀世界に「わあ!」って思ったんでしょうね。
うれしくなりました。


二人で景色を見ていたとき、夫の感性に驚いたこともあります。
山並みが、かすんでいるのを見て「これって水墨画の世界だよね」と夫が言ったんです。
わたしは「かすんでるなあ」ぐらいしか思わなかったのに、感じ方や表現の仕方が違うんだな、
おもしろいなって思いました。

今はパソコンで何でも見ることができるけれど、
雪の冷たさや、しゃりしゃり、さらさら、雪の質感なんかは実際にさわって、感じないとわからないことばかり
海岸だって砂浜ばかりじゃなく砂利のところもありますよね。

それに空気も水も。
科学的に分析すれば同じかもしれないけれど
本当に行く先々で違うように感じられます。

こどもに、いろんな風景を見て、五感で感じる
経験をしてほしい、
と思って家族旅行をしています。


「その土地ならでは、を楽しもう!」は…

ボタンをクリックすると、翌日のランキングに反映されます。

Thank you!
あなたのクリックは、明日以降のランキングに反映されます!

あなたは、すでにボタンをクリックしています。

「こどもと移動する」の一覧に戻る

他のジャンルでエコ行動をみつける

  • こどもと食べる
  • こどもが着る
  • こどもと遊ぶ
  • こどもと住む
  • タグから探す

エコフルタウン 私たちのごみのゆくえ 豊田市環境学習施設エコット 豊田市自然観察の森 エコファミリー宣言のお申し込み(豊田市) PIN!とくるまち とよた