ホーム > こどもと住む > 破れた網戸の張替えをしよう

破れた網戸の張替えをしよう

ふとちゃんの体験をもとにした記事です。

夏には欠かせない網戸。
手を引っ掛ける部分のネットは、少しずつ傷んでしまいます。
うちも10年に一度くらいは、張替えをしてきました。
現在出回っているサッシの網戸は、どれも構造が似ています。
だから、簡単に網戸の張替えができます。


網戸を外そう!


網戸修理は、まず網戸を外すところから。
「ガチャ ガチャ ガチャ!」と、そこのあなた、
力ずくで外しても外れませんよ(笑)

網戸には必ずと言っていいほど、「はずれ止め」が付いているんです。
網戸上部のはずれ止めのねじをゆるめてください。
(はずれ止めは、サッシによって付いている場所が異なります)

網戸全体を上に持ち上げ網戸を外し、寝かして置きましょう。


古いネットをはがそう


網戸のネットは、構造をよ~く見てもらえたら分かります。
ネットの周囲を、押さえゴムで固定して、ネットを固定している状態。

そこで、押さえゴムの端を千枚通しを使ってゴム浮かせる
「しゅるるるる~」
と、押さえゴムがスッキリ取れて、ネットも外れます。


ネットを固定しよう


では、実際にやってみましょう。

  • ①新しいネットをサッシの上に広げたら、クリップやテープで軽く固定し、余裕をもたせて大まかにネットをカッターで切ります。
  • ②押さえゴムをサッシの隅に押し込みます。
  • ③一片の隅を押さえ終わったら、サッシの枠にそって、専用ローラーでゴムを押し込んでいきます。

この時の注意点

専用ローラーで指やネットを切ってしまわないよう、向きや進行方向に気をつけてください。

  • ④ゴムを押さえ終わったら、カッターナイフで余分なネットをカットします。
  • ⑤四方のゴムを押さえ終わったら、できあがり。

張替えが終わったら、窓に網戸を戻し、はずれ止めの固定もお忘れなく。

ホームセンターに行けば修理コーナーがあり
材料や工具がそろっています。
網戸張替えの実演をしているところもありますよ。

ネットや押さえゴムは、事前に長さの確認をしてくださいね。
ゴムの太さも、確認が必要です。


古いネットを再利用


外した古いネットを、わが家ではまだまだ使います。
植木鉢の水抜きのカバーとして大活躍。
ほかにも植物の虫よけカバーなど、
アイディア次第でいろんな再利用できますよ。


「破れた網戸の張替えをしよう」は…

ボタンをクリックすると、翌日のランキングに反映されます。

Thank you!
あなたのクリックは、明日以降のランキングに反映されます!

あなたは、すでにボタンをクリックしています。

「こどもと住む」の一覧に戻る

他のジャンルでエコ行動をみつける

  • こどもと食べる
  • こどもが着る
  • こどもと遊ぶ
  • こどもと移動する
  • タグから探す

エコフルタウン 私たちのごみのゆくえ 豊田市環境学習施設エコット 豊田市自然観察の森 エコファミリー宣言のお申し込み(豊田市) PIN!とくるまち とよた