ホーム > こどもと住む > 金魚すくいのこつ教えます

金魚すくいのこつ教えます

翔の母さんの体験をもとにした記事です。

生き物を飼うきっかけは「映画」でした


わが家では金魚やコイ、メダカなどを飼っています。
金魚を飼いはじめたのは、こども園に通っていたころに、映画の「ファインディング・ニモ」を見たのがきっかけ。

最初は、海水の魚を飼ったんです。
でも、難しく1匹ずつ減っていってしまったんです。
こどもには、死んだといいにくくて、
「今、病院に行っているみたい」といっていたことも。1匹1匹の命を大切にしています


金魚すくいのこつを教えます


こつがわかると、金魚すくいってとっても楽しいですよ。
こどもは、何度も練習して50匹以上すくえるようになりました。

金魚をすくうための紙がはってある道具を「ポイ」といいますが、
ポイントは、最初にポイを全面浸して水の膜を作ること。
そして、魚は追わない
ポイを動かすと水圧がかかり、破れやすくなるんです。


ポイの表面

ポイの裏面


  • 1.ポイの表裏を確認(のりづけされた面が表)
  • 2.ポイは水面に対してタテに入れる
  • 3.水中でポイの表を上にしたまま水平に動かす
  • 4.ポイの上を通過する金魚をそっとすくう
  • 5.おわんを近くに寄せておき、金魚を入れる

『うちにおいで、家族になろう!』というやさしい気持ちでね

よく金魚すくい屋さんの店先で、

こども:やりたい
親:うちでは飼えないから

という、親子の会話をよく耳にします。
誰にでも飼えるのにな~って思いますね。
じょうずに飼うと大きく育ちますよ


前日から飼う準備をしておくのがベスト


イベントや縁日などで金魚すくいをやる予定があるなら、
前日に水槽に水を貯めておくといいですよ。
外で1日、日光に当てカルキ抜きをしておきましょう。
ペットショップなどで買える水質中和剤でもOKです。

水の量は1匹の金魚に対して3リットルが基準
5リットル以上なら金魚は、もっとしあわせです。


「金魚すくいのこつ教えます」は…

ボタンをクリックすると、翌日のランキングに反映されます。

Thank you!
あなたのクリックは、明日以降のランキングに反映されます!

あなたは、すでにボタンをクリックしています。

「こどもと住む」の一覧に戻る

他のジャンルでエコ行動をみつける

  • こどもと食べる
  • こどもが着る
  • こどもと遊ぶ
  • こどもと移動する
  • タグから探す

エコフルタウン 私たちのごみのゆくえ 豊田市環境学習施設エコット 豊田市自然観察の森 エコファミリー宣言のお申し込み(豊田市) PIN!とくるまち とよた