ホーム > こどもと食べる > お弁当の小技、どんどん使っちゃおう!

お弁当の小技、どんどん使っちゃおう!

ちさっちゃんの体験をもとにした記事です。

こどものがよろこぶママオリジナルお弁当。
お弁当がかわいく華やかになるコツお教えします。


タコウィンナーが変身


こどもに大人気のタコウィンナー。
タコさんなんだから、頭が上…と思いがちなのですがちょっと発想の転換!
足を上に向けて、切れ込みの真ん中にコーンを一粒。
じゃーん。
お花に変身です。


卵焼きは味も形も変えられる、優れもの


卵焼きは、色がキレイだし成形も自由にできてとっても便利。
芯にカニカマを入れたり、
小さなハートも作れちゃうんです。

  • 普通の卵焼きより細めの卵焼きを作る
  • 1.5cmくらい幅に切る
  • 1個を斜めに切り、片方を裏返してくっつける

かわいいハートのできあがり。

「卵焼き ハート」で検索すると作り方がたくさん出てきます。


薄焼き卵がゴージャスに変身


薄焼き卵もちょっとした工夫で、ボリューミーなお花に変身
薄焼き卵おおよそ6cm×20cmを用意します。

  • 焼き目を内側(ここポイントです)に2つに谷折り
  • 折り目側から切れ込みを5mm幅で入れていく(端側は切らないでつながっている状態)
  • 端側を下にして、クルクル巻く

どうですか?
たんぽぽのようなボリュームいっぱいのお花になりましたね。

研究ってほどではないけれど、
他の人のお弁当を真似してみたり、
ネットで見たり、本を読んだりして、
試行錯誤しながら工夫を取り入れています。

お弁当の工夫や料理のレシピや工夫は、
病院や薬局の待ち時間に読む雑誌も貴重な情報源になっています。


食材だけではありませんよ~。


食べものをかわいく加工するのも大事ですが、
お弁当にまつわるグッズも一工夫。

お弁当に欠かせないピック。
たくさん種類をそろえてあり、お弁当を作るたびに、こどもに選ばせています。
これだけで、こどものワクワク度がアップしますよ。


遠足の時のご飯は、おにぎり状にしたい。
そんな時は、柄つきアルミホイルが大活躍。
おにぎりをおしゃれに包みましょう。

わたしは、こどもへのメッセージも忍ばせる工夫も。
ケチャップなどを入れる小さなカップ。
このふたにちょっとしたメッセージを。

去年の運動会では
「白組がんばれ!」ってマジックで気持ちを添えたんです。
こどもは本当にうれしかったみたい。
「お弁当を食べたおかげで、午後の部もがんばれた!!」
って言ってました。

ちなみに、こういうグッズほとんどが100円ショップにあります。


「お弁当の小技、どんどん使っちゃおう!」は…

ボタンをクリックすると、翌日のランキングに反映されます。

Thank you!
あなたのクリックは、明日以降のランキングに反映されます!

あなたは、すでにボタンをクリックしています。

「こどもと食べる」の一覧に戻る

他のジャンルでエコ行動をみつける

  • こどもが着る
  • こどもと遊ぶ
  • こどもと住む
  • こどもと移動する
  • タグから探す

エコフルタウン 私たちのごみのゆくえ 豊田市環境学習施設エコット 豊田市自然観察の森 エコファミリー宣言のお申し込み(豊田市) PIN!とくるまち とよた